MENU

快眠を得るための枕選び

 

自分に合う枕選びができていると、寝ている間も正しい姿勢が保たれて一部分だけに負担がかかるようなことがありません。
その結果、質の良い睡眠を得ることができ、起きた後もスッキリとしています。

 

普段から熟睡できていない人や肩こりの酷い人は枕の高さが合っていない可能性が高いので、一度見直してみると良いでしょう。

 

なぜ高さの合わない枕を使用すると肩こりになるのかというと、首の位置が自然ではなくなるからです。

 

高すぎるものは首が前に傾き、首筋や肩に過度な重さがかかります。その負担が長時間続くと不必要な緊張によって筋肉が強張りますので、肩こりも起こりやすくなります。

 

合っている枕は寝返りがしやすいので、寝ている間もじっと同じ姿勢でいることが少なくなります。
実は寝ている間に同じ姿勢を保ち続けることも凝りの原因になりますので、寝返りをしやすいタイプの方が望ましいのです。

 

また、首元を支えてくれるタイプもお勧めであり、しっかりと支えてもらうことで首筋や肩に無駄な力が入らなくて済みます。

 

首元を支えてくれるのは、材質でいうと低反発のタイプです。
寝ている時に力が入っていると感じたら、まずはこの辺りを見直してみることをお勧めします。

寝てみた時の感覚も大事


細かな部分を色々とチェックしてみたら、最後はやはり実際に寝てみて感覚を確かめてみるのが一番です。
気持ち良く眠れそうだと感じられる枕にすることが大事であり、一般的には男性が4cm、女性が3cm程度が良いとされています。

 

高すぎるものを使っている人に見られる現象として、いびきや頭痛、肩こり、腰痛、首のハリなどがあります。
逆に低いものでは顔がむくんでしまったり、寝つきが悪くなることもあります。
高すぎる場合は調整が難しいのですが、低いものならタオルなどを使って高さを調節することもできます。
様々な不調の原因になる合わない枕も、自分に合ったものに変えれば睡眠の質が向上して、寝ている間にしっかりと疲れを回復させることができますし、リラックス状態も作れます。

美容や健康には質の良い睡眠が欠かせません

自分なりに工夫をして良いと思われるものはどんどん試してみるべきです。
枕選びではやはり高すぎず低すぎずちょうど良いものを選ぶことが大事なのですが、それ以外にも固さや幅、形状が寝やすさに関わってきます。
固さや幅は寝返りを簡単にできるかを考えながらチェックするようにし、形状は首に負担のかからないものを考えます。