MENU

合わない枕は余計な力が肩こりの原因になります。

 

 

自分に合った枕とはどんな枕なのでしょう。

大切なのは、高さと硬さですし素材選びも注意しましょう。

 

寝ている姿勢は背骨のカーブを阻害するものがあると腰痛や肩こりなど身体の不調につな がります。
枕は高いと、あごを引いたような状態になるので肩こりやいびきの原因になりやすいです。

 

また低いと、あごが上がった状態で眠ることになり首の後ろが圧迫されてしまうことが多く、 脳への血流が悪くなってしまうために頭が重い、頭痛などにもつながってしまいます。

 

さらに柔らかい場合には、頭の位置が心臓より低くなってしまって頭に血が上ることもあります。

 

高さの問題では、高すぎても低すぎても余計な力が加わってしまい肩こりや頭痛になりやす いので、自分に合った高さに調整にすることをおすすめします。

 

硬さも硬すぎると頭が安定せずに首が疲れてしまいますし、柔らかすぎると頭が沈みすぎて しまいますので、高さと中の素材の組み合わせの良いものを選ぶようにしましょう。

 

男性の場合は、およそ4cmで女性の場合がおよそ3cmといわれています。

これにちょっと体型の良い方はプラス1cm、スリムな方はマイナス0,5〜1cmぐらいがいいと 思います。

 

素材は、熱のこもらない通気性の良いものと吸湿性の高いそば殻と羽毛をおすすめします。
寝ているとき、頭は意外と熱くなりますので熱を逃がしてくれる素材のもので汗をかいても 大丈夫な吸湿性の高いものがいいのです。